鼻毛の処理の仕方

鼻毛が出ていると、どうしても抜いてしまいがちですがこれはNGなのです。鼻毛を抜いて処理するのは非常に危険な行為になりますのでやめておきましょう。ここでは鼻毛のケアの仕方について考えてみましょう。

鼻毛は抜いてはいけない

必死に鼻毛を抜かないように説得する女性警官

鼻毛の役割は鼻から空気と一緒に入ってきたホコリや菌などを絡め取って、体内に異物が入りこむのを防いでいます。このため花の入り口付近は汚れがたくさん付着しているのです。鼻の中は粘膜でできていますので、常に粘液で湿った状態。粘液で湿った状態は菌が繁殖しやすい環境なのです。鼻毛を抜くと、毛穴の奥の毛乳頭から無理やり毛を引きちぎって皮膚を傷つけてしまうことになるのです。毛乳頭は血管や神経ともつながる皮膚の一部分になりますので、毛乳頭に菌が入りこんでしまうと炎症を引き起こしてしまうこともあるのです。毛乳頭に炎症が起きると毛嚢炎になることもあるので注意が必要です。

毛嚢炎とはどんな病気?

鼻毛を抜いて毛乳頭に傷がつくと毛嚢炎になる可能性があります。毛嚢炎は毛穴の中にブドウ球菌や連鎖球菌などの菌が繁殖して、化膿してニキビのように腫れあがってしまう状態を言います。毛嚢炎は軽度の場合であれば痛みもほとんどなく、自然に治るのですが、悪化してひどくなると赤く腫れあがり小鼻を押しただけでも痛みを感じるようになってしまうかもしれません。毛嚢炎になると抗生物質を3~4日ほど内服すれば回復できます。ひどい場合には膿を出すために切開することもあります。

鼻毛は抜かずに切って処理をするようにしてください

鼻毛は無理やり抜いてしまうと先ほどお話したような毛嚢炎になってしまうこともあります。そのため鼻毛は切って処理をするようにしましょう。鼻毛処理をする時には、鼻毛専用のハサミや鼻毛カッターを利用すると傷つけることなく安全に鼻毛を切ることができるでしょう。切りすぎるのはよくありませんので定期的に処理するのがおすすめです。